MENU
おかんの一言

人生理念「人にはようしたんなさいや」

 




わが家の家系は「おせっかい」である。
祖母はお見合いおばさん。母は食事をやたらとふるまう世話焼きおばさん。
私も幸か不幸か、この血を受け継いでいる。
おせっかいというと、少し鬱陶しいイメージ。食事を作ったら
「おいしいやろ!?食べな!食べな!」と強制するし、何でも
「やっといたった(やっておいてあげた)」と恩着せがましい。

近くにくると暑苦しい。でも、いないと寂しい。
とくに、ありがたさがわかったのは一人暮らしのとき。
おかんが送ってくれた宅急便に入っていた、おでんとどて煮の味は今でも忘れられない。
そう、おかんのおせっかいには愛が詰まっている。
私も周りの人にそうした「おせっかいな愛」を振りまきたい。
だって大切な人の幸せに繋がると信じているし、それが私自身の幸せだから。

ちょっとうっとおしいかもしれないけど、みんな付き合ってね♡